Amago

野迫川村は西日本で最大のあまご養殖量をほこります。特に野迫川産のあまごは限りなく自然に近い環境で養殖されており、川魚独特のくせもなく、川魚は苦手と言われる方でもおいしくいただいてくれます。

Wasabi

野迫川村では、奈良県で唯一わさびを生産しています。綺麗な水が豊富な野迫川村の環境を活かして作られる沢わさびは平成23年の紀伊半島大水害の後、大きな被害を受けましたが、現在では少しずつ復旧していっております。

World Heritage

世界遺産熊野古道「小辺路」は高野山と熊野本宮大社を結ぶ熊野古道の一つです。野迫川村では水ヶ峰集落跡や伯母子岳をはじめとして、かつての人々の暮らしや古道の雰囲気を感じ取れる箇所が数多くあります。

奈良県で最も人口の少ない村

奈良県で最も人口が少なく、2040年には消滅することが危ぶまれている奈良県吉野郡野迫川村。
一方で、あまごの養殖や奈良県では唯一となる沢わさびの栽培、そして世界遺産「小辺路」などの数多くの資産があります。
私たちはこれらを活かして、野迫川村の活性化に努めています。

PAGE TOP